FR方式の乗用車に関しまして

乗用車の駆動方式で、FR方式は特にオールド方式と言えます。
コンパクトカークラス以下の車種では、主流はFF方式になっていますが、中型以上のクラスでは今でもFR方式による車種の割合が多くなっています。

FR方式のFF方式に関するメリットとしては、操舵輪という駆動輪が別々である為構造がシンプルになる点や、前輪荷重が小さくなる為良好な操縦性を確保しやすい点が挙げられます。

操縦性に関しては、公道を普通に安全運転する限りは、FF車もFR車もめったに大きな差異はありません。
ただ、ワインディングロードなどをしばらくペースを上げて走行する場合は、FR方式のほうが高い回頭性を持つ事を実感とれる場合があります。
その為、スポーツカー用の駆動方式としても好んで用いられます。

又、FF方式の場合、ブレーキングところ前輪荷重が別途大きくなるので、フロントタイヤの摩耗が凄まじく、フロントブレーキのブレーキダストも多くなる傾向があります。
その点、FR方式はそのような症状が多少なりとも軽くなるので、この点もメリットの一つになります。

反面、欠点として、ドライブシャフトが存在する為、居室内にセンタートンネルが盛り上がり、居住性が損なわれる事や、駆動輪です後輪に掛かる荷重がちっちゃい為、雪道など滑りやすい路面でのトラクション性能が劣る事が挙げられます。

一際後者の欠点に関しては、雪国では問題となる事がいらっしゃる為、FF車や4輪駆動車が好まれる傾向があります。
ただし、BMWの車種のように、理想的な前後重量配分に拘った設計がされている場合は、雪道も際立つ操縦性を示すようです。SUVランキング